切らない白斑・乾癬レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

東京,江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニック
東京,江戸川区小岩ヒフ科,精美スキンケアクリニックへの無料相談江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

乾癬のレーザー108台複合治療

高出力レーザーと低出力レーザーの複合治療

高出力レーザーと低出力レーザーの複合治療最近、白斑や乾癬の治療法として、レーザー治療が効果をあげています。画期的な方法として、欧米でも注目が集まっています。

レーザー治療法は、アルゴンレーザーなどの高出力レーザーと、半導体レーザーなどの低出力のレーザーを併用した複合治療が行われます。
全治性の治りにくいものには、ドライアイスの凍結療法や外用薬を併用することで、高い治療効果が得られた臨床例も報告されています。原理的にも、高出力レーザーやドライアイスによる凍結療法を弱めにして行えば、二次元的な色素治療を行うことができます。

負担が少ない医療レーザー治療

塗り薬や紫外線照射療法の場合は、治療に時間がかかることが珍しくありません。しかも治療効果がなかなか現れないことも多く、副作用の心配もあります。また、移植手術の場合は、入院の必要もあります。

これらの治療と比べて医療レーザーによる治療法は、患者さんの負担を大きく軽減できます。入院の必要がないので日常生活への支障も少なく、出血もなく、全身麻酔の必要もないので、体への負担もほとんどありません。そのため新生児や乳幼児でも治療が行え、さらに症状が進行する前に治療ができるので治療効果もよいといえます。また患部にレーザーを照射することで病変部以外の健康的な皮フに影響を与えずに、進行を抑えることも可能です。

治療内容

※治療内容、治療等の主な副作用・リスクは写真下に記載しております。
額の乾癬

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■乾癬治療について
乾癬の治療については皮膚の赤みとかゆみの原因細胞をレーザー照射することにより減少させる治療です。
光線療法により患部にレーザーを照射する装置を使用することで、白斑、乾癬の病変部以外の健康的な皮膚に影響を与えずに、進行を抑えます。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬などの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

首の乾癬

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■乾癬治療について
乾癬の治療については皮膚の赤みとかゆみの原因細胞をレーザー照射することにより減少させる治療です。
光線療法により患部にレーザーを照射する装置を使用することで、白斑、乾癬の病変部以外の健康的な皮膚に影響を与えずに、進行を抑えます。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬などの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

頭の乾癬

※肌質や症状によって個人差があります。

症例写真を見る

■乾癬治療について
乾癬の治療については皮膚の赤みとかゆみの原因細胞をレーザー照射することにより減少させる治療です。
光線療法により患部にレーザーを照射する装置を使用することで、白斑、乾癬の病変部以外の健康的な皮膚に影響を与えずに、進行を抑えます。

※必要な治療回数や効果などは疾患および症状により異なります。
※肌質や症状によって効果に個人差があります。

【副作用・リスクについて】

●ダウンタイムについて
ダウンタイムとは、レーザー治療を施してから、肌が通常の状態まで回復するまでの期間のことです。
レーザー治療は刺激が強く、治療後の肌は、外部からの刺激に対する防御力が著しく低下している状態になりますので紫外線対策が重要になります。また、乾燥肌や敏感肌の方は、痛みやかゆみなどの肌の炎症を起こす可能性があります。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

●赤み・痛みについて
レーザーの刺激によって、肌は一時的にダメージを受けた状態になります。
治療後には、周囲に赤みと、ヒリヒリとした痛みが発生しますが、この赤みや痛みは後には消えます。
患部を保護するために、塗り薬などの適切な処置を行っています。

※肌質や症状によって効果に個人差があります。

クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる