切らない白斑・乾癬最新レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

東京,江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニック
東京,江戸川区小岩ヒフ科,精美スキンケアクリニックへの無料相談江戸川区小岩皮膚科,精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

旧来の白斑の治療法

尋常性白斑の原因がいまだ解明されていないので、確固とした治療法は行われていません。治療の中心は、進行を抑えるのではなく、脱色部に色素を復活させる対症療法です。そうした治療法として、次のような治療が行われています。ただし、治療を始めても色素が再生して元通りの色に戻るまでには時間がかかることが多く、一般に短くて数ヶ月、長ければ数年はかかります。

副腎皮質ステロイド剤などの塗布

副腎皮質ステロイド剤などの塗布現時点では、尋常性白斑の治療としては、一般的に副腎皮質ステロイド軟膏や活性型ビタミンD3軟膏などの外用剤の塗布が行われています。内服薬に比べて全身に及ぼす副作用が少なく、免疫の働きを調節する作用があります。

副腎皮質ステロイド軟膏は、発病初期の白斑に対しては色素の再生が見られることが多いようですが、古い白斑では効かなくなります。また、分節型では効果が低いようです。活性型ビタミンD3軟膏は紫外線治療との併用でさらに効果があるという報告もあります。

白斑が増えている時期や他の治療法が通院の都合などでできない時は比較的手軽な方法としてよく行われています。

紫外線照射療法(PUVA療法)

PUVA(プーバ)療法は照射前に紫外線を吸収しやすくするオクソラレンという薬を塗布するか服用してもらい、その後に比較的安全な長波長紫外線を照射する方法です。紫外線の働きで、残っている色素細胞が活発になり色素をつくるようになります。1〜2週間に1回程度の通院が必要です。白斑の範囲が少ない場合には紫外線ランプを買い求めて自宅で行うこともできます。

紫外線照射療法(PUVA療法)最近、注目されている紫外線治療法はナローバンドUVB療法です。中波長紫外線(UVB)のうち、治療に有効な波長(311nm)のみを照射します。 PUVA療法のように前もって薬を塗布したり内服したりする必要がなく簡便です。この治療法は乾癬に対して開発されましたが、最近では尋常性白斑にも効くことがわかって使用されています。

また、ステロイド軟膏などの外用剤で白斑の拡大を抑えながら、紫外線照射療法で色素を取り戻すという方針で治療を行います。

これらの治療には長期間必要とされ、また、不適当な治療を行えば皮膚にダメージを与えたり、副作用を起こしたりする可能性があります。実施するタイミングや回数、頻度などについて、専門医と相談しながら慎重に行わなければなりません。

表皮移植術

メラニンをつくる細胞を本人の正常な皮膚の表面に近い部分から移植する治療法です。痕が残らないように皮膚を吸盤で吸い上げて人工的に水疱をつくり、その皮の部分を白斑の部分にはりつける方法(吸引水疱移植術)がよく行われています。こうすることによって水疱の皮に含まれていたメラニン細胞が白斑の部分に定着し、数週間から数ヶ月後には正常な色に戻ります。通院での移植術も可能ですが、植皮部の患部を固定しておく必要があるのでできる限り入院治療をしたほうがよいでしょう。
表皮移植術
この方法は一度に広い面積に色素再生が行えるので特に目立つ部分の治療に適しています。

生薬やハーブによる民間療法

東洋医学や民間療法が利用している生薬やハーブが白斑の治療にも使われています。生薬やハーブには人間が生まれつき備えている免疫能力を活性化する働きがあります。従って、自己免疫力が低下して起こると考えられている白斑に効果が期待されているわけです。

数ある生薬やハーブの中でも白斑の治療には田七人参、オリゴグルコサミン、アガリクス、高麗人参エキスなどが利用されています。これらの植物などに含まれている成分にはいずれも免疫活性化作用や神経鎮静剤作用などがあり、白斑の原因であるメラノサイトにおける自己免疫不全を解消し、メラノサイトにメラニン色素を生成させて症状を改善するとされています。

ただし、これらの療法では長期間続けなければ効果が現れにくく、体質によっては効果がさほどみられないこともあります。
クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ メンズ精美 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる